住まい選びでマンションが選ばれるワケ

住まい選択でマンションが選ばれるわけ。

都市部には、大きなマンションがいくつも並んでいる光景を目にします。
私は、学生時代での一人暮らしの時にマンション暮らしを経験しましたが、中には生まれてからずっとマンション暮らしという人も少なくはないのではかと思います。
マンションの利点としては、狭い場所に多くの人が住めることが挙げられると思います。
日本は都市部に人口が集中しており、さらに面積が少ない割には人口が多いという特徴があると思いますが、まさに日本に好都合な住まいの形態なのではないかと思います。
このような形がどんどん進み、人口が都市部に流入して、地方には若い人がいなくなり、過疎化の問題も深刻になっているのではないかと思います。
かつては、一戸建てを持つことが夢という人も多かったと思います。

しかし、都市部の地価は高く、なかなか現実的な話ではありません。働く場としては都市部が中心となっているので、交通の便も考えると、なかなか郊外に住むという選択肢は考えられないのではないかと思います。
そうなってくると、一戸建てを買う、と考える人が多かったのが、マンションを買う、と考える人の変わっていったのかもしれませんね。

しかし、このような傾向にも、変化がみられるかもしれません。インターネットが普及したこともあり、働く場所や時間に縛られることは、比較的少なくなってきた感があります。
ノマドワーカーという言葉も出てきているくらいです。
特に、場所に縛られなくなったのは大きいと思います。
このような流れがもっと広がれば、郊外でも働くことができ、地方に人口が逆戻りしていく可能性もあると思います。
誰だって、生まれ故郷は恋しいものです。
また、田舎のスローライフに憧れを抱いている人も少なくないと思います。
自然を感じつつ、ゆっくりと流れる時間を楽しむ。現実には厳しいものなのかもしれませんが、そのようなことを望む人は決して少なくないと思います。


仕事の効率化を図る上で、都市部に人口を集めた方が効率的、ということで、今のようなマンション暮らしの人が大勢出てきたのだと思いますが、今後は地方にも人口が戻っていくのではないかと思っています。
そうなると、都市部のマンションの数も少なくなるかもしれませんね。多様な価値観が認められる時代が来るかもしれません。

お役立ち情報



Copyright(c) 2014 住まい選びでマンションが選ばれるワケ All Rights Reserved.